青い空は闇に光る

datememo
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告

2007.03.25

携帯サイト閉鎖を決めました。
原因は大きく分ければ2つですが、決心したのは『バッテリー』という映画を見たから。
本も読んで話しは知っていたはずなのに・・・感動のあまり後半ほとんど泣いてました。
林遣都くん演じる巧の言葉では伝えられない葛藤を表情で表す姿。
それを母親のように受け止める豪を演じる山田健太くん。
2人を囲む人々の思いが錯誤し、それでも野球が大好きという精神を貫く。
野球のバッテリーを組む中で芽生える信頼関係。
病弱な弟を尻目に野球を続ける兄。
先輩に何をされようが、野球をしたいと願う心は変わらない巧。
そして最後の、巧が投げたシーン。
あそこは本当にラストシーンに相応しいと言えるシーンでした。
実際に原作も、ああいった感じで終わりますしね。
また最後のエンディング曲がいいんですよ。
もうさ、ストーリーだけでボロボロ泣いているのにさらに追い討ちかけられた。
『春の風』という曲ですね。
バッテリーの映画によくマッチしている主題歌だったと思います。
ははは、この曲が流れてさらに泣き始めた私でした(笑)
で、こんな小説を作ったあさの先生は素晴らしい!!
そして私は今まで自分は何をしてきたんだろうと思った。
やりきれない感情、胸に映らない達成感。
だったらもう止めてしまおう。私みたいな人間の小説は読ませられない。
そう思わずにはいられませんでした。
PCサイトは同人関係で突っ走ろうかと考えていました。
でも、今よく考えてみれば自作小説を作ってみたいという思いが芽生えました。
まだいろいろ検討中です。
7月中に復活を目論んでいましたが、できそうにありませんね。
今はただ・・・ひたすら時間を置きたい。そう思いました。
(企画小説は別件として)

林くん。なんて綺麗な子なんでしょうね。
笑った顔がもうちょっとみたい、なんて(笑)
スポンサーサイト

22:25 | 日々

   トップへもどる   

Copyright(C) トキビシ. All rights reserved.
Template designed by komame.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。